読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

« THE FANTASTIKA ARCHIVES »

主に虚構に関する生起しつつあるテクスト

Freeciv村人会様とのリンク

 Freeciv村人会様と相互リンクを貼らせて頂きました。

 今後ともよろしくお願いいたします。

freeciv-vc.hatenablog.com

 Freecivとはオープンソースで開発されている「Civilization」式の多人数ターン制ストラテジーゲームである。もちろん無料だ。Civilizationを知らない人に説明すると、すごく複雑なシムシティだと言えばわかって頂けるだろうか。

 惑星上に大陸や島嶼を設定(マップの生成)し、プレイヤー各々が一つの勢力を受け持ち、勢力ごとにばらけて配置された初期ユニットを使ってそれぞれが周囲の探索を行い、まずは入植都市を建設し、生産を行い、都市と都市を道路で繋ぎ、技術を研究開発し、農地を開墾し……と一通りに着手する頃には他プレイヤーの勢力圏と自らの勢力圏が接することで外交の必要性が生じてくる。プレイヤーは、自らの勢力の発展状況や地勢や国際情勢さらには他国の思惑まで考慮して、同盟か敵対か(場合によっては戦争も)、あるいは中立か、国交はどの程度まで行うか、といった現実の国家元首に求められるのと同じような(ただし簡易化されてはいる)判断を求められる。

 ここまで聞いて「これってSFじゃね?」と思った勘の良いそこの貴方、そうですSFなんです。架空戦記等のシミュレーション小説がSFのサブジャンルであるのと同じ程度にはSF的です。

 世界そのものをシミュレートするというアイデアは、古くはハミルトンの『フェッセンデンの宇宙』からディックの『世界をわが手に』などの作品で扱われ、最近ではヴィンジの『マイクロチップの魔術師』の直系の子孫ともいえる『ソードアート・オンライン』のような(『クリス・クロス』も忘れちゃいかん)VR技術の成立を下敷きにしたSF小説もヒットを飛ばしています。

 舌の根も乾かぬうちに言いなおしますが、未来の(あるいは架空の)技術、文化、環境等を導入して世界のシミュレーションを行うことがSFの本道であることを考えると、シミュレーションゲームほどSF的なゲームは存在しないと言えます。

 Freeciv村人会は、僕の友人が運営するFreeciv関連の記事を掲載するブログです。彼の濃さは長年の付き合いである自分が保証するところですので、興味深い記事をどんどん掲載していってくれると思います。興味を持ったSFファンはさあFreecivをインストールするのだ!(リンクも踏んでねw)

 

【Freecivプレイヤー向け小説集】

 さて、せっかくなので書評系ブログらしく、うっかりリンクを踏んづけて飛んできてくれたFreecivプレイヤーの皆さん向けにいくつかおすすめ作家と作品を列挙させて頂く。ブコフでたやすく入手できるよう有名作品でかためてみた。

《日本》

佐藤大輔

『レッドサンブラッククロス』シリーズ

 ドイツが快進撃を続け、日米英が同盟した世界線における第四次世界大戦のストラテジーゲームのノベライゼーション。作者が御大である以上未完は不可避。日本産の戦争シミュレーション小説を読むならまずこれからという一品。

谷甲州

 『航空宇宙軍史』シリーズ

 いきなり近未来SFで宇宙戦争だが、FTL航法もなく、強いAIもいないリアルでハードな戦争シミュレーション。シリーズ通じての主人公といえるキャラはなしで、太陽系内の各戦域における局地戦を淡々と描いていく。おっさんたちがクソ狭い船内で額を突き合わせながらひたすら軌道計算を繰り返し、推進剤の残量を気にしながらする戦争を見たい人にはお勧め。掃海部隊や輸送部隊の活躍も見れるぞ! リソース管理系シミュレーション小説。

《海外》

トム・クランシー

『日米開戦』

 これを読まなきゃ始まらない。ジャック・ライアンシリーズから一編。中国インドと組んだ日本VS米露の対決。ラストの展開を描いたせいでクランシーは9.11の後、(未来予測が的中しすぎたため)CIAに取り調べを受けたらしい。非常にリアルだが、エコノミックアニマルのイエローモンキーどもを懲らしめてやるというヤンキーのノリで描かれているため、読むと不快になる日本人もいるらしい。クランシーは愛国右翼なのは間違いないが、小説は面白いので気にするな!

『レッド・ストーム作戦発動』

 ボンドとの共著でクランシー初期の傑作。一部のファンはこれだけあれば良いらしい。"作戦発動"は"ライジング"と読め! NATO軍VS(今は亡き)ワルシャワ条約機構軍との全面戦争を描く。戦争で見たいシーンは大体詰まっている。

〇ラリー・ボンド

『侵攻作戦レッド・フェニックス』

 クランシーの相棒ボンドが描く第二次朝鮮戦争北朝鮮がまた軍事侵攻を開始したらどうしようというのは日本人なら誰でも気になることでしょう。そんなときにはコレ! 北の特殊部隊のヒャッハーな様子から北が崩壊した後の対策まで完備しています。どうでしょうお得でしょう? これがブコフでたったの百八円!(深夜のTVショッピングのノリで)

 

 Freecivで内政は得意なのに戦争になるとジリ貧とお嘆きの貴方、軍事シミュレーションを読んで兵法に(気持ちだけ)熟達してみてはいかがでしょう。